カクテル.net

カクテル.net

注ぐだけ!ラムとブランデーの簡単カクテル一覧

約 4 分
注ぐだけ!ラムとブランデーの簡単カクテル一覧

みなさんはカクテルが難しいものだと思っていませんか?バーへ行くとバーテンダーがカッコよく作ってくれるので自宅では作れないと思われがちですが、実は簡単に作ることができるカクテルもたくさんあります。今回はそんな簡単なカクテルの中でも、注ぐだけで作れるラムベース・ブランデーベースのカクテルレシピを一覧にしてご紹介します。自宅でもバー気分を味わいたいという人は、ぜひ挑戦してみてください!

ラムベースのカクテル

【ラムトニック】
ラムトニックは定番のトニックウォーター割りのことで、ラムの甘味を最大限に味わうことができます。味に変化が欲しい時には、カットレモンやライムを入れるとシンプルでフルーティーなカクテルになります。

・ラム        45ml
・トニックウォーター 適量

【キューバリブレ】
キューバリブレはコーラ割りのことで、スタンダードカクテルの中でも人気の高いカクテルです。ラムの甘味とコーラの甘味がバランスの良いカクテルで、お酒が苦手な人にもおすすめできます。

・ラム  45ml
・コーラ 適量

【ジンジャーラム】
ジンジャーラムはジンジャーエール割りのことで、華やかな風味のするカクテルに仕上がります。甘口のジンジャーエールを使うと飲みやすいジンジャーラムに、辛口のジンジャーエールを使うとジンジャーのピリッとした辛味とラムの甘味が味わいのあるカクテルになります。

・ラム       45ml
・ジンジャーエール 適量

【キューバンスクリュー】
キューバンスクリューはウォッカベースのスクリュードライバーのバリエーションの一つで、オレンジジュースで割ることによって作ることができます。スクリュードライバーではほぼ感じないお酒ですがキューバンスクリューはラムの風味を楽しむことができるので、ラムを楽しみたい人にもおすすめできる飲み方の一つです。

・ラム       45ml
・オレンジジュース 適量

【ラムパイン】
ラムパインはパイナップルジュース割りのことで、甘味を十分に引き出したカクテルです。フルーティーな香りながら甘味が強めなので、特にお酒の味が苦手な女性におすすめです。

・ラム         45ml
・パイナップルジュース 適量

【モヒート】
モヒートはバーでもよく見かけるおしゃれなカクテルですが、自宅でも簡単に作ることができます。ラム・ガムシロ・ダイスライム・ミントをグラスに入れて潰し、炭酸水を注げば出来上がりです。夏にはもちろん冬にでも飲みたくなる、さっぱりとしたカクテルです。

・ラム     30ml
・ガムシロ   1tsp
・炭酸水    適量
・ダイスライム 5個程度
・ミントの葉  ひとつまみ程度

ブランデーのカクテル

【ニコラシカ】
ニコラシカは輪切りのレモンを使用した見た目がおしゃれなカクテルで、作り方にも飲み方にも特徴があります。グラスにブランデーを注ぎ、輪切りのレモンを上に乗せて砂糖をレモンの上に盛れば完成です。飲み方はまずレモンを手で半分に折って口に入れて、酸味と甘味を混ぜます。そのあとある程度馴染んだら一気にブランデーを流し入れ、口の中で合わせて変化を楽しみます。

・ブランデー  30ml
・輪切りレモン 1枚
・砂糖     適量

【ダーティ・マザー】
ダーティ・マザーはコーヒーリキュールを加えたカクテルで、香ばしく甘い大人なカクテルに仕上がっています。飲みやすいですがアルコール度数は35度ほどになるので、飲み過ぎには注意してください。

・ブランデー     40ml
・コーヒーリキュール 20ml

【ブランデー・コブラー】
ブランデー・コブラーは少量のオレンジキュラソーとガムシロを加えただけなので、ほぼブランデーのようなカクテルです。ブランデーのフルーティーで芳香な風味と柔らかみのある辛口が特徴で、ブランデー好きにはクセになる一杯です。

・ブランデー     60ml
・オレンジキュラソー 1tsp
・ガムシロ         1tsp

【フレンチ・コネクション】
フレンチ・コネクションは杏子リキュールであるアマレットを加えたカクテルで、アーモンドのような甘い香りがするカクテルに仕上がっています。甘口ではあるものの甘ったるいわけではないので、食後のデザートカクテルとしておすすめできます。

・ブランデー 45ml
・アマレット 15ml

カクテルに関すること

カクテル  カクテル

カクテルの記事カテゴリ―一覧