カクテル.net

カクテル.net

選び方もバッチリ!カクテルに使用される主なグラス7選

約 4 分
選び方もバッチリ!カクテルに使用される主なグラス7選

カクテルを入れるグラスは何でもいいわけではなく、カクテルごとに使い分けられています。使用するのにも、きちんと意味があるんです。

主に使用されるグラスを代表カクテルと一緒に紹介します。自宅用に揃える際の参考にしてみてください。

カクテルグラス

「カクテル」と聞いて、まず思い浮かべるグラスではないでしょうか。

主にショートドリンクに使用されることが多いグラスです。逆三角形のボウルと長い脚が特徴。脚を持つことで、手の温度がカクテルに伝わらないようにしてくれます。温くなったカクテルは美味しくありませんからね。

基本的に無色透明でガラス製で、容量は90mlが標準とされています。

代表カクテル:マティーニ、ギムレット、マルガリータ

シャンパングラス

シャンパンを飲むのに使われるグラス。

ボウルの形が異なる、「ソーサー型」と「フルート型」があります。シャンパンというと、フルート型を使用しているイメージが強いのではないでしょうか。2つのグラスは何が違うのか、その特徴についても紹介しますね。

ソーサー型シャンパングラス

広い口が特徴で、クープ型とも呼ばれています。一般的なカクテルよりも、フローズンカクテルに使用されることが多いです。

乾杯によく使われ、カクテルグラスの代用とされることもあります。

代表カクテル:フローズン・ダイキリ、ロイヤル・カルテット、クローバー・クラブ

フルート型シャンパングラス

細身で高い背丈が特徴です。

空気に触れる面積が少ないので、シャンパンが作り出す泡を長く楽しむことができます。香りが逃げにくいというのもポイント。

代表カクテル:ミモザ、キール・ロワイヤル、ブルーラグーン

ゴブレット

タンブラーに脚がついたグラス、と考えてもらうと分かりやすいかもしれません。

トロピカルドリンクといった、氷がたくさん入っているカクテルに使用されることが多いです。ガラス製だけでなく陶器製や金属製もあります。

代表カクテル:パナシェ、ブルーハワイ、マリブ・ピニャ・コラーダ

タンブラー

タンブラーは簡単に言ってしまうと、コップのことです。「ハイボールグラス」とも言われます。

形状は円筒で、ロングドリンクによく使用されるグラスです。容量は300mlが標準とされています。

代表カクテル:ジントニック、シンガポール・スリング、モヒート

オールドファッションドグラス

ロックで飲むのに最適なグラスで、別名「ロック・グラス」とも呼ばれています。

脚がなく、低い背丈が特徴。ウイスキーをロックで飲む時に使用するのが定番ですね。口が広いので、大きな氷を入れることができます。

代表カクテル:ゴッドファーザー、カルーアミルク、フレンチ・コネクション

コリンズグラス

「トールグラス」や「チムニーグラス」とも呼ばれるグラス。タンブラーに似ていますが、こちらの方が細長い形状をしています。

口が小さいため炭酸が抜けにくい作りになっているので、炭酸系のカクテルで使用するのに最適です。

代表カクテル:チャイナブルー、トム・コリンズ、セックス・オン・ザ・ビーチ

ワイングラス

名前の通りワインを飲むためのグラスで、赤ワイン・白ワイン・シャンパンごとに適したグラスがあります。

ワインベースのカクテルに使用されることが多いです。グラスによって、ワインの味が変わるとも言われています。

代表カクテル:カーディナル、キール、アップル・プラン

最適なグラスで最高のカクテルを

カクテルは適したグラスを使用することで、より味を美味しくさせる効果があります。適材適所と言えますね。

自宅用にグラスを揃えたいという方は、ぜひ参考にしてください。

カクテルに関すること

カクテル  カクテル

カクテルの記事カテゴリ―一覧