カクテル.net

カクテル.net

カクテルの作り方の基本!ビルド・ステア・シェークって?

約 4 分
カクテルの作り方の基本!ビルド・ステア・シェークって?

カクテルの作り方を調べたり、レシピブックなどを見ていると、必ずビルド、シェークなどの用語が書いてあると思います。
簡単に言うとこれらはすべて「混ぜる」ことを指した言葉なのですが、それぞれ混ぜ方や必要な技術が異なります。
将来バーテンダーになりたいと考えている人や、趣味で自家製のカクテルを楽しみたいと考えっている方の参考になるよう、それぞれの特徴などについてまとめてみましたのでご覧頂ければと思います。

ビルド

カクテルの作り方を調べたり、レシピブックなどを見ていると、必ずビルド、シェークなどの用語が書いてあると思います。
ビルドとは、グラスにそのままお酒などを注いでカクテルを作る時に用いる技術です。
主に、多量のジュースで割ったりすることの多いロングカクテルで使います。
まず趣味や自宅でオリジナルのカクテルを作りたいという方がいれば、このビルドを用いたカクテルから作るのをおすすめします。
というのは、ビルドはシェークなどと違って、グラスに直接お酒を注いで混ぜるためシェーカーなどの器具が全くいらないからです。
なんだ、簡単じゃん・・と思う人もいるかもしれませんが、このビルドの技術によってはカクテルの味に差が出てしまうことも多いので気を付けましょう。
ビルドする時のコツは、回転数を意識することです。
ソーダやコーラ、ジンジャーエールや炭酸水など、炭酸の入ったカクテルなどを作る時はビルドするのは2回転ほどに留めておかないと、炭酸が抜けやすくなってしまいます。
また、他のカクテルでも回転のさせすぎによって氷が溶けてしまい、カクテルが水っぽくなってしまうこともあるので気を付けてくださいね。

ステア

ステアとは、ミキシンググラスというグラスの容器に氷を入れてその中に材料を注いだ後、バースプーンを回転させ、氷と材料を冷やしながら混ぜていく技術のことを言います。
混ざりやすい材料を使う場合などに用いることが多く、カクテルの王様と言われているマティーニなどが、この技術を使って作られることで有名です。
マティーニの作り方でそのバーテンダーの良し悪しが分かるといわれているほど、マティーニはバーテンダーにとっては作り方の軸になるようなものなので、その一端を担っているのがこのステアという技術だと言えますね。
ステアをうまくいかせるコツは、使う氷を溶けにくい大きめのものを使うことや、バースプーンの背を常に外側にキープし、滑らかにかつスピーディに回転させることです。

バーテンダーにもよりますが、15回ほど回転させたらミキシング・グラスからカクテル・グラスへと注ぎ入れます。
グラスは利き手ではない方で底部分をしっかりと固定し、氷同士をぶつからせたりしない様、回転中はバースプーンの先がミキシング・グラスの底についているような状態になるよう、意識してください。
バースプーンの持ち方は、中指と薬指でしっかりと挟んで、他の指は挟んでも支えている程度に留めましょう。中指と薬指で回転させるのが基本ですが、初心者の方や初めてステアをする人は、なかなか最初はスムーズにできないかもしれません。

シェーク

バーテンダーに憧れる人のほとんどは、このシェークする姿がかっこいい!と思った人だと思うのですが、皆さんはどうでしょう。
シェークとは、シェーカーという器具の中に材料と氷を入れて蓋をし、上下にしっかりと振ることで混ぜる技術のことです。
シェーカーの中の氷によって材料が冷やされたり、空気がお酒と混ざり合うことで口当たりをまろやかにし、アルコール度数の強いカクテルでも飲みやすくなるなどの効果もあります。手首のスナップをきかせて、氷がシェーカーの中で8の字を描くように上下に振っていきます。プロのバーテンダーは、材料や冷え具合などで振る時間や回数を調整しますが、経験を積まないとなかなかそういった判断は難しいです。
なので、初心者がシェーカーを振る際には、氷よりも先に材料を注いでおいた方が、氷が溶けずらく、美味しくできるかもしれないそうですよ。

プロだからこそなせる技

カクテルの基本であるビルド、ステア、シェークについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。単に「混ぜる」と言っても、カクテル作りにおいてはプロと素人の差は大きく出てしまうほど繊細な技術だったんですね。
そうはいっても誰でも最初は初心者ですから、練習あるのみで美味しいカクテルを作れる
よう練習を重ねましょう。

カクテルに関すること

カクテル  カクテル

カクテルの記事カテゴリ―一覧