カクテル.net

カクテル.net

カクテルの基本!ショートカクテルとロングカクテルの違い

約 3 分
カクテルの基本!ショートカクテルとロングカクテルの違い

ショートカクテルとロングカクテルってどう違うの、と質問すると、意外にも皆さんから返ってくる答えはそれぞれ違ったりするんですね。
ショートカクテルの方が度数が強いとか、グラスの長さだとか、色々な答えが返ってきてそれはそれで面白いのですが、本当に正式な違いや特徴はどういったところなんでしょうか。
この記事では、知っているようで知らないショートカクテルとロングカクテルの違いと、それぞれの特徴についてまとめていきます。

ショートカクテルとは

ショートカクテルとは、脚のついた容量の小さいカクテルグラスに注がれたカクテルのことです。アルコール度数が20度を超えるような強いお酒を入れることが多く、基本的に氷は入っていません。
グラスの脚が長いのにも理由があり、カクテルの注がれた部分を触ることで、体温によって酒の温度があがるのを防ぐためです。
氷が入っていないことで、だいたい15分を過ぎると酒の温度が変わってしまうため、出来れば15分以内の短時間(ショートタイム)で飲み干すのが望ましいとされています。
有名なところだと、カクテルの王様と呼ばれるマティーニなどがこのショートカクテルに属します。

ロングカクテルとは

ロングカクテルとは、大きめのグラスに氷とともに入れたられたカクテルのことを指します。氷は入っており常にお酒を冷やしてくれるため、ショートカクテルよりは時間をかけて飲むことができるカクテルです。
ジントニックやカシスオレンジなど、居酒屋などでもよく見かけるカクテルのほとんどは、ロングカクテルと言っていいですね。
ただ、時間をかけて飲んでいいとはいえ、氷が溶けすぎてしまうとカクテルが薄まってしまい本来の美味しさを楽しめませんので、ある程度の時間で飲み干すのがBarでのマナーです。

ショートカクテルとロングカクテルの違い

ショートカクテルとロングカクテルの違いは、冒頭でも述べた通り容量やアルコール度数、グラス長さなど色々な意見が飛び交うことが多いのですが、正解はズバリ氷の有無、なんですね。もっと言えば、氷の有無=カクテルの飲み頃の時間の違い、ということです。
氷の有無によって、早めに飲み干すべきカクテルなのか、冷えているのでゆっくりと飲んで良いカクテルなのかが決まりますから、それぞれのカクテルの飲み頃の時間に合わせて、ショートカクテルかロングカクテルかが決まるわけです。
ショートカクテルは3口で飲み干せ、と言われるほど短時間で飲むのが望ましいのですが、食事後の2件目や飲み会の二次会などでBarに行くとさすがに3口では難しい時もあると思います。なので、ぜひとも3口で飲み干すという強制ルールはありませんが、遅くとも15分以内、ロングカクテルは30分以内にはグラスを空けるようにしましょう。

美味しいお酒を、美味しいタイミングで

意外にも皆さんの知らない、ショートカクテルとロングカクテルの違いについてご説明しました。
思った以上にシンプルで単純な違いだったと思います。
でもせっかくならそれぞれのカクテルに合った温度で、ベストな状態でお酒の味や香りを楽しみたいですよね。
自分の飲んでいるカクテルが、ショートカクテルなのかロングカクテルかを意識するだけでも、美味しく頂こうという気持ちなると思いますので、ぜひBarなどではそのカクテルに適したタイミングで飲むよう心がけてみましょう。

カクテルに関すること

カクテル  カクテル

カクテルの記事カテゴリ―一覧