カクテル.net

カクテル.net

映画のワンシーンを想い浮かべながらバーで飲みたいカクテル5選

約 5 分
映画のワンシーンを想い浮かべながらバーで飲みたいカクテル5選

映画を見ているとカクテルが登場するシーンを目にすることがあります。恋人たちの距離を縮めてくれたり、男の色気や渋さを醸し出したりと、何気ない映画のワンシーンをいつまでも心に残るものへと変えてくれます。

映画のワンシーンを思い浮かべてバーで飲んでみたいカクテルを5つ選びました。素敵な方と一緒にカクテルグラスを傾けてはどうでしょうか。

カクテルの王様「マティーニ」

「ウォッカ・マティーニをくれ。ステアではなくてシェイクで」
誰もが知る人気スパイ映画『007シリーズ」に登場するイギリス人の秘密情報部員ジェームズ・ボンドが言うセリフです。
マティーニは本来、ドライジンとベルモットをステアしてカクテルグラスに入れてオリーブを飾りますが、ドライジンではなくてウォッカで作り、シェイクをするというものです。
小説『カジノ・ロワイヤル』の中ではジンとベルモットにウォッカを入れてからシェイクをして、シャンパングラスに入れるというおしゃれなものになりました。
マティーニは初めて行ったバーでバーテンダーの腕の良さを知ることができると言われています。ステアによってつくるこのカクテルはステアが足りなければぬるくなり、反対にステアをし過ぎてしまうと水分が多くなってしまうからです。ごくシンプルなカクテルだからこそ、作り手の腕の良さがわかるのです。
マティーニが登場する映画は『007シリーズ』の他に、オードリー・ヘップバーン主演の『麗しのサブリナ』、アル・パチーノ主演の『リクルート』、グレゴリー・ペック主演の『紳士協定』などです。どのようなシーンに登場してくるのかはご自身の目で確かめてみてはどうでしょうか。

甘い記憶とほろ苦い記憶が混ざり合う「シャンパンカクテル」

かつては恋人同士で愛し合っていたリックとイルザ。モロッコのカサブランカで偶然の再会を果たしたそんな2人の姿を描いた名作映画『カサブランカ』。
その映画の中で主人公2人が飲んでいたのがシャンパンカクテルです。
ハンフリー・ボガート演じるリックが昔の恋人であるイルザに「君の瞳に乾杯」と言って飲むシーンと共に有名になりました。
ソーサー型のシャンパングラスに入っている角砂糖の甘さとアンゴスチュラ・ビターズの苦さが混ざり合います。かつて愛し合った時に感じた喜びが甘い記憶として、偶然の再会によってよみがえる苦い記憶。
泡立つシャンパーニュの中に甘さと苦さが交錯するこのカクテルは男と女の複雑な心を象徴しているかのようです。

明日には明日の風が吹く「スカーレット・オハラ」

アメリカ史上最大の内戦と言われる南北戦争の荒波が押し寄せる中を懸命に
生き抜いていくヒロインを描いた映画『風と共に去りぬ』。世界のどこかで今日も上映されていると言われるこの大作に登場するヒロインがスカーレット・オハラです。
自分が思う男には思われず、思わない男に思われるスカーレット。そんなヒロインをイメージしたカクテルが「スカーレット・オハラ」です。サザンカンフォートとクランベリージュース、そしてレモンジュースという甘味と酸味がバランスよく味わえるカクテルです。
名家の御曹司アシュレーを想う甘い時間と広大なタラの大地を想わせる赤い色がヒロインの燃えるような美しさと感情を表しているようです。
スカーレット・オハラを飲みながら、故郷のタラに戻ったヒロインの物語がどのようなものになっていくのか。壮大な物語に思いながら飲んでみてはどうでしょうか。

父と息子の絆を描くアクション叙事詩『ロード・トゥ・パーディション』

ポール・ニューマンとトム・ハンクスの2大オスカー俳優が共演した感動のアクション叙事詩です。
アイルランド系ギャングの内部抗争で妻と次男を殺された殺し屋とその長男が逃避行の旅に出ます。悲劇的な状況な中で2人は互いを理解し合い、絆を深めていきます。
そんな映画をイメージしたカクテルが『ロード・トゥ・パーディション』です。アイリッシュウイスキー「ジェムソン」のスムースな飲み口とパルフェタムールの香りとライムジュースの酸味が重なり合います。
父と息子が時間を掛けて絆を深めていくように、ゆっくりと味わいたいカクテルです。寒々とした灰色から明るく透明な色の変化を楽しめます。

甘い味で男を惑わす危険なカクテル『氷の微笑』

元ロックスターで今はナイトクラブを経営している人物がベッドの上で殺害されます。凶器はアイスピック。事件を捜査していた刑事のニックとガスは被害者の恋人であるキャサリンを尋問していきます。
やがてニックはキャサリンの妖艶な魅力に翻弄されていくようになってしまうのです。
危険な魅力を持ったキャサリンを演じたシャロン・ストーンが取調室で足を組み替えるシーンが有名な映画『氷の微笑』をイメージしたカクテルは甘い飲み口が特徴のカクテルです。
ジャック・ダニエルとカシスが混ざり合うこのカクテルはひと口飲めば次のひと口へと誘われていきます。
まるでキャサリンの危険でありながら妖艶な魅力に翻弄される刑事ニックのようになるでしょう。

カクテルに関すること

カクテル  カクテル

カクテルの記事カテゴリ―一覧