カクテル.net

カクテル.net

ワインベースカクテルのキティとオペレーターの作り方

約 6 分
ワインベースカクテルのキティとオペレーターの作り方

キティとは?

キティというかわいい名前のカクテルは赤ワインとジンジャーエールを混ぜ合わせて作ります。用意する材料が2種類と手軽に作れるのが自宅でも楽しみやすく人気のカクテルです。キティの作り方や可愛らしい名前の由来をご紹介します。

キティは赤ワインとジンジャーエールさえあれば作ることができるとても身近なカクテルです。可愛らしいその名前の由来はいくつかありますが、英語圏でキティは子猫を表すため、子猫でも飲めるくらい弱く優しいカクテルという意味が有力です。名前の通り、キティはアルコール度数が比較的低いカクテルで、その度数は5~6度ほどです。

また、英語圏では女性の名前のキャサリンをキティという愛称で呼ぶため底が由来になっているとの説もあります。

キティの基本的な作り方

キティの基本的な作り方は赤ワインとジンジャーエールを同量で混ぜるだけととても簡単です。材料が2種類で、しかも工程がかき混ぜるだけと合って、使う材料やその分量、さらにかき混ぜ方によっても味が変わってきてしまいます。赤ワインとジンジャーエールを混ぜるときには炭酸が抜けないように静かに混ぜるようにしましょう。炭酸が抜けると全体的にぼやけた味のカクテルになってしまいます。

ジンジャーエールで飲み口が変わる

キティは手軽な材料で楽しむことができるカクテルです。少しの工夫で味わいの変わったキティを楽しむことができます。

まずはジンジャーエールに注目してみましょう。市販のジンジャーエールにも辛口や甘口など特徴があります。辛口のジンジャーエールを使えば全体的にすっきりとキレがあるキティになります。逆に甘口のジンジャーエールを使うと甘くて飲みやすいカクテルに仕上がります。どちらかというと甘口の方が本来のキティのイメージに近いでしょうか。

赤ワインはライトボディがおすすめ

赤ワインにもさまざまな味わいのものがありますが、キティと相性がよい赤ワインの選び方をご紹介します。基本的にキティはアルコール度数が低くて飲みやすいカクテルですので、使う赤ワインも軽めのものがおすすめです。ワインに詳しくない方は、ボトルの後ろを見てみてください。ほとんどのワインにそのワインがどんな味わいかが明記してあります。

そのなかでもライトボディと書かれたものを選びましょう。軽く熟成も短いライトボディの赤ワインはキティをさらに軽やかに飲みやすくしてくれます。

もちろん、フルボディやミディアムボディなどの重めのしっかりしたワインでもキティを楽しむことができます。その場合は合わせるジンジャーエールを甘口にしたり、ジンジャーエールの分量を増やすことで好みの味を見つけると良いでしょう。

氷やレモンでさらにアレンジ

キティは氷を入れる場合と入れないで作る場合があります。しっかりと冷やした赤ワインとジンジャーエールを使うことで氷を入れなくても充分冷たくおいしいキティを作ることができます。

また、好みでレモンスライスを浮かべたり、レモンを絞って加えることで酸味がプラスされたスッキリとしたキティを味わうことができます。甘みや重さ、酸味などを変えることでお好みのキティを楽しんでくださいね。

オペレーター

白ワインをベースにしたカクテルの「オペレーター」、実はスーパーで材料が揃えられてしまうほど身近なカクテルだということをご存知でしょうか?白ワインをさらに割るため、度数も控え目。気軽に楽しめるカクテルなので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

オペレーターは、白ワインをベースにした甘みのあるカクテルで、飲みやすさに定評があります。度数もさほど高くないので、あまりお酒に強くない方でも頼みやすいこともポイントです。料理との相性も良いので、食前酒にもぴったり。ワインだとアルコールがきつい、という方には、オペレーターを食中酒にするというチョイスもあります。
「オペレーター」という名前の由来は、はっきりとはしていません。しかしながら、飛行機の操縦士が愛飲していたことからこの名前が付けられた、という説が有力なようです。

オペレーターのレシピ

オペレーターの材料は三つ。まずはコリンズグラスのような大きめのグラスに氷を満たし、白ワイン90mLとレモンジュースを1tsp。ジンジャーエールで満たしたら、炭酸が飛ばない程度に全体を軽くステアしたら出来上がりです。炭酸をなるべく抜きたくない方は、ステアするよりもバースプーンの背で氷を押してゆっくりと上下に動かし、氷の動きで液体が混ざるようにするといいでしょう。

自分好みのオペレーターに仕上げよう

カットレモンやスライスレモンを添えて見た目を華やかに

バーによっては、オペレーターにカットレモンやスライスレモンを添える場合があります。見た目が華やかになるので、友人を招いてカクテルを楽しむ場面などではこうした演出にこだわってみるのもいいでしょう。また、フレッシュレモンをコップのエッジに飾り付けることでレモンの香りも強く立つようになります。フレッシュレモンを買ってくるだけでできる、お手軽なアレンジです。

オペレーターに合う白ワインの選び方

オペレーターには辛口の白ワインを合わせるのが一般的です。ジンジャーエール自体に甘みがあるので、ワインは辛口を選んで、レモンの酸味と合わせて全体を引き締める狙いがあります。となると、品種はシャルドネを選ぶのが定番。あとは香りや味わいで、自分好みの「オペレーターに合う白ワイン」を探してみるのも楽しいですよ。普段は辛口の白ワインは苦手、という方でも、オペレーターなら飲みやすく感じるかもしれません。「頂きものの白ワインが辛すぎて自分にはちょっと」という時は、オペレーターにしてみるという手段も。とはいえ、甘口の白ワインが合わない、というわけではありません。甘口の白ワインを使えば、甘みが強まってよりソフトドリンクに近い味わいのカクテルになります。料理に合わせたりするよりもカクテルそのものを気軽に楽しみたいなら、甘口の白ワインでどうぞ。

ジンジャーエールは、甘口?辛口?

オーソドックスなオペレーターは、ジンジャーの主張が強すぎない方が全体のバランスが取りやすいため、甘口のジンジャーエールで作ります。スーパーやコンビニで簡単に手に入るので便利ですね。

難しい道具の要らない簡単なカクテル

オペレーターはシェイカーなどの道具を必要としませんし、材料も身近にあるものばかり。道具を買いそろえる勇気はまだ出ないという方でもチャレンジできる簡単さがあるカクテルです。度数も強くないので親しみやすいですし、入門用には打ってつけ。気軽に試してみてはいかがでしょうか?

カクテルに関すること

カクテル  カクテル

カクテルの記事カテゴリ―一覧