カクテル.net

カクテル.net

お店の味を再現!自宅で簡単に作れるカクテルのレシピ4選

約 4 分
お店の味を再現!自宅で簡単に作れるカクテルのレシピ4選

居酒屋やバーで飲むお酒と言えば、やはりカクテルですね。カクテルはビールが苦手な人や、普段ビールを飲む人の気分転換としてお店でよく飲まれています。そんなカクテルはお店でしか飲めないイメージがありますが、実は材料を揃えるだけで簡単に作ることができるものが多くあります。

今回は自宅で簡単に作ることができるカクテルを4つご紹介します。自宅ではビールやチューハイしか飲めないと思っている人も、お店で飲んでいるカクテルを作ってみたいと思っている人も、ぜひ自宅でカクテルを作ってみましょう。

ジントニック

ジントニックは定番中の定番のカクテルで、どのお店に行っても飲むことができます。ジントニックは香草が効いたジンが爽やかに香り、さっぱりして飲みやすいので、喉が渇いた時の一杯としても、長時間かけてゆっくりと楽しむ一杯としてもおすすめです。ジントニックはアルコール度数40度以上にもなるジンをベースにしているので、アルコール度数が高いカクテルのように思えますが、一般的なジントニックは5%ほどとビールと変わりません。お酒の味を直接感じたくない人や甘いカクテルが苦手な人は、ぜひ試してみてください。

ジントニックに必要な材料

・お好みのジン    1/4
・トニックウォーター 3/4
・カットライム    1カット

ジントニックの作り方

①氷を入れたグラスにジンを入れる
②カットライムを軽く絞ってグラスの中に落とす
③トニックウォーターを注ぐ
④軽く混ぜる

ソルティドッグ

ソルティドッグは塩がグラスについているカクテルとして有名で、おしゃれなバーや英国風パブなどで飲むことができます。ソルティドッグはグレープフルーツジュースを使用していますが、塩を付けることでグレープフルーツジュースの甘さをより引き立てるというものです。このグラスに塩を付けるスタイルは’スノースタイル’と呼ばれ、塩を付けたい部分にレモンやライムの果汁を付けてから、塩を付けて作ります。特別な材料は必要ありませんので、おしゃれなスノースタイルのカクテルに挑戦してみましょう。

ソルティドッグに必要な材料

・お好みのウォッカ     1/4
・グレープフルーツジュース 3/4
・レモン、もしくはライム  1カット
・塩            適量

ソルティドッグの作り方

①レモン、もしくはライムをと塩を使ってグラスをスノースタイルにする
②氷を入れたグラスにウォッカを入れる
③グレープフルーツジュースを注ぐ
④軽く混ぜる

カルーアミルク

カルーアミルクはカルーアと呼ばれるコーヒーリキュールをベールにしたカクテルで、コーヒー牛乳のような甘さとほんのりと香るアルコールが特徴です。カルーアミルクはお店でも飲める冷たい物が一般的ですが、温めた牛乳を使うとホットカルーアミルクになるので、冬の寒い時期に飲む一杯にすることもできます。

カルーアミルクの材料

・カルーア 1/4
・牛乳   3/4

カルーアミルクの作り方

①氷を入れたグラスにカルーアを入れる
②牛乳を注ぐ
③よく混ぜる

テキーラサンライズ

テキーラサンライズはオレンジ色と赤色のグラデーションが目を惹く、フルーティーな味わいが人気のカクテルです。グラスの底の赤色の液体は、グレナデンシロップと呼ばれるザクロの果汁を使ったノンアルコールシロップで、糖分が多く比重が重いためアルコールやジュースと混ざることなく底に沈みます。これはドロップと呼ばれる技法で、グラデーションや2色以上のカクテルではよく使われます。ドロップがやりにくい場合は、ストローやマドラーを差し、それに沿わせるようにして沈ませると、綺麗な層ができやすいです。

テキーラサンライズの材料

・お好みのテキーラ  1/4
・オレンジジュース  3/4
・グレナデンシロップ 適量

テキーラサンライズの作り方

①氷を入れたグラスにテキーラを入れる
②オレンジジュースを注ぐ
③よく混ぜる
③グレナデンシロップを氷に当てないように沈ませる

カクテルに関すること

カクテル  カクテル

カクテルの記事カテゴリ―一覧