カクテル.net

カクテル.net

カクテル作りの醍醐味!シェイクのコツ

約 4 分
カクテル作りの醍醐味!シェイクのコツ

バーテンダーが銀色の瓶をシャカシャカと振る姿は、とても絵になります。これはカクテル作りの4大技法のひとつ・シェイク(シェーク)を使った作り方です。シェイクの技法は、主にカクテルグラスなどに注ぐカクテルを作るときに用いられますが、シェイクすることによってどういった効果が得られるのでしょうか?

そんなカクテル作りの技法・シェイクの意味や基本的な技術を解説いたします。

シェイクは冷やして・混ぜて・まろやかに

実際に、どのようなカクテルを作る場合、シェイクの技法を使うのでしょうか?シェイクすることで得られる利点をまとめました。

よく撹拌する

生クリームや砂糖・生卵など、混ざりにくい材料を使ってカクテルを作る場合、ビルドやステアでは溶け残りができる可能性があり、まんべんなく混ぜることができません。シェイカーで良く振ることで材料が分離することなく、全体を均等に混ぜることができます。

急速に冷やす

シェイカーで作るカクテルは、氷の入ってないカクテルグラスなどに注ぐ場合が多いです。そのため材料をシェイカーで冷やしながら混ぜると、おいしいカクテルに仕上げることができます。

また氷で勢いよく撹拌することで氷が解け、材料のアルコール度数を調整することができます。氷をあまり溶かさずに撹拌したい場合、家庭の氷ではなくお店で販売されているロックアイスを使うと、氷が溶けにくいのでおすすめです。

角が取れてまろやかな味わいに

材料をシェイカーで良く振ることで空気が含まれ、角が取れた優しい口当たりになります。

例えばシェイクで作るギムレットとビルドで作るジンライムは、量やアルコール度数は違えど、同じ材料で作られています。しかし、ギムレットはシェイクすることでジンの角が取れ、キリっとした味わいでありながらジンライムより優しい口当たりになります。

シェイクすることでカクテルがまろやかな仕上がりになりますが、材料によっては空気が入りすぎてカクテルが濁ってしまうことがありますので、注意しましょう。

シェイクの基本的な技法

まずシェイカーに氷を満たし、水を入れて軽くステアして水をよく切ります。こうすることで溶けやすい氷の角が取れ、カクテルが水っぽくなるのを防ぎます。ボディも冷えるので、より早く材料を冷やすことができます。

ボディに角が取れた氷を残して材料を手早く入れ、ストレーナーという中間部分の蓋をはめ、トップと呼ばれる一番上の蓋をつけます。この時にストレーナーにトップをつけたままストレーナーを装着しますと、シェイクした後の気圧差でトップが外れなくなることがあります。必ず最後にトップを装着しましょう。

材料をセットしたら利き手の親指をトップに乗せ、反対側の中指をボディの底にあて、横にして利き手と反対側の肩の前に構えます。他の指はシェイカーを温めないように、ボディに添える程度を意識しましょう。

そして構えた位置を支点に、斜め上に弧を描くように振って構えた位置に戻し、同じように斜め下に弧を描くように振って構えた位置に戻します。手首を柔らかく使いながらこの動作を繰り返し、指で感じる温度を頼りに振り終わりを判断します。

材料が良く混ざり冷えて、振り終わったと感じたらトップを外し、グラスに注ぎます。最後の一滴まで、キレイに注ぎましょう。

シェイク上達のコツは慣れ!練習あるのみ

シェイクの振り方のコツは、最初と振り終わりはゆっくりと、途中はリズミカルに柔らかく振ること。氷が解けすぎないように、優しく手早く行うのがコツです。

振り終わりのタイミングは非常に難しいので、最初は氷を入れた水で練習し、冷えるタイミングを覚えましょう。

またシェイカーにもサイズがあり、一般的には350mlと500mlがあります。使いやすいサイズを選び、シェイクに慣れていくことが上達への近道です。

カクテルに関すること

カクテル  カクテル

カクテルの記事カテゴリ―一覧