カクテル.net

カクテル.net

まるでアーモンド!アマレットを使ったカクテル3選

約 4 分
まるでアーモンド!アマレットを使ったカクテル3選

みなさんは「アマレット」と呼ばれるリキュールをご存知でしょうか?アマレットリキュールはまるでアーモンドのような風味があり、アマレットで作られたカクテルはお酒が苦手な女性やカクテル初心者にも飲みやすいです。今回はそんなアマレットリキュールについてご紹介します。ぜひ色んなカクテルを知って、カクテルを楽しめるようにしましょう!

アマレットリキュール

アマレットリキュールとは、主に杏仁を使用して作られるリキュールのことでイタリアで生まれました。アマレット(Amaretto)はイタリア語で’少し苦い’という意味があり、ほのかな苦味を含んでいます。苦味は感じるものの渋みのような苦味なので、アーモンドの風味にマッチして苦味はあまり感じません。

アマレットの基になったリキュールは、イタリアの「アマレット・ディ・サロンノ」です。元々は「アマレット」という名前でしたが、爆発的に人気になったことで他の会社が次々と現れたため、名前を改正して「アマレット・ディ・サロンノ」になりました。このアマレットは杏子の種を原料として作られるアマレットで、ほろ苦くて甘いのが特徴です。アマレットリキュールの中でダントツで人気No.1のブランドで、スタンダードカクテルからオリジナルカクテルまで世界中で使われています。

「ボッチ・ボール」

ボッチ・ボールはアマレットをベースとしたアメリカ発祥のカクテルで、イタリアでは「スプラッシュ」とも呼ばれています。ボッチ・ボール(Boccie Ball)とはイタリア発祥の球技のことで、アマレットに引っ掛けて名づけられました。ボッチ・ボールはアマレットにオレンジジュースと炭酸水を加えて作られるので、フルーティーで甘味のある飲みやすいカクテルに仕上がります。アルコール度数は5度ほどと低めなので、食事にも合わせやすいのがポイントです。

ボッチ・ボールの材料

・アマレットリキュール 30ml
・オレンジジュース   30ml
・炭酸水        適量

ボッチ・ボールの作り方

①氷を入れたグラスにアマレットとオレンジジュースを入れる
②炭酸水を注ぐ
③軽くステアする

「ゴッドファーザー」

ゴッドファーザーはウイスキーベースのカクテルで、アマレットリキュールを加えて作られます。アメリカ人作家のマリオ・プーゾの小説『ゴッドファーザー』に由来しており、マリオがイタリア系移民だったことからイタリア産のアマレットリキュールを使うようになったと言われています。ゴッドファーザーはウイスキーを使いますが、アマレットが味を調えてくれるため飲みやすいカクテルに仕上がります。ただしアマレットにもアルコールが含まれているので、アルコール度数35度ほどになるので飲み過ぎには注意が必要です。

ゴッドファーザーの材料

・ウイスキー      45ml
・アマレットリキュール 15ml

ゴッドファーザーの作り方

①氷を入れたロックグラスに材料を入れる
②軽くステアする

「シシリアン・キッス」

シシリアン・キッスはアメリカのリキュール「サザンカンフォート」をベースとしたロングカクテルで、日本では馴染みがありませんが、アメリカやイギリスでは人気が高いです。サザンカンフォートは1874年にニューオーリンズでバーテンダーをしていたマーティン氏によって作られた果実酒を基に作られたリキュールで、中性スピリッツにオレンジやピーチなどのフルーツとハーブを組み合わせて作られています。そんなサザンカンフォートとアマレットを合わせたシシリアン・キッスは、濃厚なフルーツのような味わい深いカクテルに仕上がります。どちらもアルコールを含むためアルコール度数は30度を超えますが、口当たりがよいのでお酒の味が苦手な女性におすすめしたい一杯です。

シシリアン・キッスの材料

・サザンカンフォート  40ml
・アマレットリキュール 20ml

シシリアン・キッスの作り方

①氷を入れたロックグラスに材料を入れる
②軽くステアする

カクテルに関すること

カクテル  カクテル

カクテルの記事カテゴリ―一覧