カクテル.net

カクテル.net

知っているようで知らない、カクテルグラスの持ち方、マナー

約 3 分
知っているようで知らない、カクテルグラスの持ち方、マナー

Barのマナーは色々とありますが、意外に知らない人が多いような気がするのがカクテルグラスの持ち方です。
Barのマナーというと、お酒を飲む時間やオーダーするときなどにばかり気を取られがちですが、グラスを間違った持ち方をすることでお酒の温度が変わってしまうなどして、カクテルを美味しく飲めなくなってしまう、なんてもことにもなりかねません。
そこで今回は、Barで気を付けたいカクテルグラスの持ち方について、ご説明したいと思います。

カクテル・グラスの持ち方

ショートカクテルなどに使われる三角形の脚の長いカクテルグラスは、脚が細いので指で持つとユラユラと不安定になりがちです。
せっかく作ったカクテルをユラユラさせているのはなんだか格好悪いですし、こぼしてしまったらそれこそショックですよね。
そこで、三角のグラス部分の下部を親指と人差し指でしっかりと下から支えるように持つのがカクテル・グラスの正しい持ち方です。
他の指は脚の部分に添える程度で、あくまでも2本の指でグラスを支えるように持ちましょう。

脚のないグラスの場合

脚のないオールド・ファッションド・グラスのようなカクテルグラスは、下の方をもって持ち上げるようにして持つようにしましょう。
クラッシュドアイスをステアしたときなどは、特にグラスの表面が水滴で滑りやすくなっているので注意してくださいね。
たまにBarなどでしゃべりながらベタベタと不必要にグラスを触ったり、手持無沙汰だからと、グラスを指で擦るなどしている人を見かけます。カクテルは温度も大事で、バーテンダーさんは溶ける時間のことなども計算して作ってくれているので、あまり手の温度でカクテルの氷を溶かさないよう、グラスは飲むときにしか触らない方がベターです。

溢れそうな場合はどうすべき?

よく皆さんが迷うことのひとつに、グラスにカクテルがなみなみと入っている場合はどうすればよいのか、という質問があります。
カクテルグラスを持ちあげたらこぼれそうだし、グラスを置いたまま口で飲むのは見た目的に悪いのでは、と気になりますよね。
でも、カクテルが溢れそうなときは一口目だけカクテルに指を添えた状態で、テーブルにグラスを着けたまま口で少しカクテルを飲んで大丈夫です。
中のカクテルが少し減ったところで、持ち上げて飲むようにしてください。
中身をこぼしてしまう方がスマートではありませんので、無理にグラスを持ち上げないようにしましょう。

グラスの中のフルーツは

グラスにオリーブやチェリー、フルーツなどが刺さっている場合は、序盤でグラスの外に出すのが理想的です。(氷と一緒に沈んでいるものや、潰しながら食べるカクテルは別)
オリーブやチェリーなどは、一口かじった後小皿に置いておいて、少しずつかじりながらお酒を楽しんだり、フルーツのヘタや皮などは小皿がなければコースターの側に出しておきましょう。

スマートな所作でお酒を楽しむ

せっかくのBarデート、大人なデートだからこそ立ち振る舞いや行動もスマートにこなせるようにしたいものです。
所作の美しい人は、男性でも女性でも相手に良い印象を与えます。
いちいち意識して飲むのは大変かもしれませんが、難しいことではないので慣れればそれが当たり前になりますよ。今後の参考にして頂ければ幸いです。

カクテルに関すること

カクテル  カクテル

カクテルの記事カテゴリ―一覧