カクテル.net

カクテル.net

溢れる果実感を味わう!いちごを使ったカクテルレシピ4選

約 4 分
溢れる果実感を味わう!いちごを使ったカクテルレシピ4選

旬のフルーツを味わえるのも、カクテルの醍醐味。フレッシュなフルーツを使ったカクテルは、まさにその時にしか味わえない逸品です。そんなフルーツを使ったカクテルは、柑橘系をはじめたくさんの種類がありますが、その中から可愛らしいルックスと甘酸っぱい味わいが楽しめる「いちご」を使ったカクテルをご紹介します。

いちごとミントの元気をいただくカクテル!ストロベリー・モヒート

  • ロンググラスかタンブラーに、いちご2粒・ミント10枚・ガムシロップ小さじ2を入れ、ペストルで潰します。
  • ラム40mlを注いで氷を満たし、炭酸を注いで軽くステアします。
  • 半分に切ったいちご2粒を飾ったらできあがり。

ライムとミントが爽やかなモヒートを、いちごで作ったカクテルです。スタンダードなモヒートより酸味が少なく、いちごのフレッシュな風味をラムの甘い香りが引き立ててくれます。

いちごとジンの香り華やぐカクテル!ストロベリー・マティーニ

  • シェイカーにいちご3粒・クレーム・ド・フレーズ10mlを入れ、ペストルでよく潰します。
  • ジン40ml・氷を入れてシェイクします。
  • 冷えたらカクテルグラスに注いでできあがり。

マティーニはドライジンで作ることが多いのですが、いちごの甘さを活かしたいので、このレシピではドライでなくても構いません。また、予めいちごとクレーム・ド・ストロベリーをブレンダーにかけてペースト状にしておくと、いちごの果肉感が増します。

フレッシュでフルーティなストロベリー・マティーニは、スタンダードなマティーニより飲みやすく、いちごとジンの香りの饗宴が華やかなカクテルです。

ひんやりいちごが爽やか!フローズン・ストロベリー・マルガリータ

  • ブレンダーに水と氷を入れて回し、ブレンダーを冷やしておきます。
  • ブレンダーが冷えたら水と氷を捨て、よく水を切ります。
  • ソーサー型シャンパングラスのふちにカットレモンを一周させ、塩を付着させスノースタイルにしたら、冷蔵庫で冷やしておきます。
  • ブレンダーにいちご2粒・テキーラ30ml・クレーム・ド・フレーズ10ml・レモンジュース10ml・クラッシュアイス1カップを入れ、ブレンドします。
  • 滑らかなシャーベット状になったら冷やしておいたシャンパングラスに注ぎ、いちご1粒を飾ってできあがり。

ブレンダーを使ったフローズン・マルガリータにいちごの果実感が加わり、ふんわりと口どけの優しいカクテルです。マルガリータにはこうしたアレンジレシピが多くありますが、テキーラのキレのある味わいといちごの甘酸っぱさは、その中でも群を抜いて人気を博しています。

シャンパンといちごの贅沢カクテル!フレイズ・リシェス

  • ブレンダーにクレーム・ド・フレーズ20ml・いちご3粒・グレナデンシロップ10mlを入れ、滑らかになるまでブレンドします。
  • フルートグラスや縦長のステムグラスに注ぎ、シャンパンかスパークリングワインで満たし、軽くステアしたらできあがり。

フレイズ・リシェスはフランス語で「贅沢ないちご」という意味のカクテル。文字通りいちごのおいしさが際立つ味わいで、ひとくち含めばいちごの豊かな香りと果肉感で満たされます。材料を冷やさないカクテルなので、最後に加えるシャンパンかスパークリングワインをよく冷やしておくことが大切です。

いちごのフレッシュ感をカクテルに活かすために

いちごを使ったカクテルをおいしく楽しむためには、旬の時期のいちごを使うことも重要です。寒さが緩んで温かくなってくる頃のいちごは、味も香りも格別。お酒の種類を問わないいちごを使って、おいしくカクテルを楽しみましょう。

 

カクテルに関すること

カクテル  カクテル

カクテルの記事カテゴリ―一覧